【韓国】世界遺産 河回村(ハフェマウル)と安東(アンドン)

グルメ
この記事は約4分で読めます。

成田からエアプサンで大邱(テグ)に入り、大邱から安東(アンドン)へ行きました。移動時間は高速バスで約80分でした。今回は安東について書きます。

大邱の空港から高速バスターミナルへの行き方は、先日書いた記事を参考にしてください。

世界遺産 河回村(ハフェマウル)への行き方

さて、安東を訪れる人の目的は河回村(ハフェマウル)だと思います。

河回村は朝鮮王朝時代の伝統的な両班(ヤンバン。支配階級)の文化をそのままに伝承してきた韓国を代表する氏族村で、慶州(キョンジュ)の良洞村(ヤンドンマウル)とともにユネスコの世界遺産に登録されています。春は桜、夏は蓮、秋は銀杏、冬は雪と四季それぞれの風景が楽しめるようです。

河回村へは安東のバスターミナルからローカルバスが出ています。安東の市街地は河回村と反対方向なので、市街地に出ない場合は、バスターミナルから直接行くのがいいと思います。

安東の街中から河回村へ向かう場合、Homeplusというショッピングセンターの近くにあるバス停から河回村へ行くバスが出ています。

安東バスターミナルから河回村へは約30分、Homeplus近くのバス停からだと45分くらいです。

時刻表を載せておきます。

河回村は小さくてのどかな場所です。瓦ぶきの両班の家々や藁ぶきの庶民の家々、また、仮面劇などの文化が残っています。雰囲気の分かるような写真を何枚か載せておきます。

微笑ましい仮面

グルメの街 安東(アンドン)はチムタクと塩サバを食べたい

安東はグルメの街で、チムタク(鶏の甘辛煮)や塩サバが特に有名です。安東の街中にはこれらの名物料理を出す店がたくさんあります。チムタク横丁にはチムタクの専門店がずらりと並びます。

チムタク横丁

私は最後にリンクをはっている「KONEST」の安東チムタク横丁のページで紹介されているチョンソンという店でチムタクを食べました。

食事と健康に気を配るエキスパート・ファスティング・マイスターの私にとって、化学調味料を一切使わないこと、新鮮な国産野菜と鶏肉を使っていることが響きました。味も良かったです。

チョンソンのチムタク

塩サバは同じく「KONEST」で紹介されている一直食堂で食べました。地球の歩き方で紹介されているイルチクシクタンと同じ店です。

朝8時から空いているので、朝食をここで食べてから、河回村行きのバスに乗りました。

一直食堂の塩サバ定食

安東の市街地に出ない場合でも、河回村のチケット売場のそばにある食堂街で、チムタクも塩サバも食べることができるので安心してください。

チムタクはかなりの量があるので、ひとり(ふたりでも?)で食べる場合は、腹を空かしておきましょう。味が濃くてご飯に合いますが、炭水化物はほどほどに。

先述したサイト「KONEST」です。韓国各地の情報が豊富に出ています。キーワード検索もできて、大変便利です。

今後の韓国旅行時もおおいに活用しようと思います。カムサハムニダ!

韓国旅行「コネスト」
韓国旅行情報の専門サイト。ソウル・釜山などのホテル、エステ、現地ツアーの格安予約。グルメ・ショッピング・観光スポットのおすすめ情報。割引クーポンや口コミも満載。

D37 地球の歩き方 韓国 2019~2020 [ 地球の歩き方編集室 ]

価格:1,944円
(2019/3/21 22:02時点)
感想(1件)

コメント